今はもう違う?派手な結婚式が減っている実態とは

結婚式は見栄を張るところ?

結婚式と言えば大勢の友人を呼んで楽しくにぎやかに行われることが多かったのではないでしょうか。日本は横並び教育のおかげであそこがこうしたからウチもこうしなきゃいけない。という気分になる方は多いと思います。しかし近年は欧米や欧州のように個人主義が強くなりつつあり、結婚式=派手とは一概には言えなくなってきているのです。結婚式で大事なのは主役の二人が納得することであり派手なほどお金もかかってきてしまうのです。

なるべくお金を節約・・でも友達も呼びたい

結婚式とは二人の愛を誓う式ですが、その後行われる披露宴も結婚式のプランに含まれることがほとんどです。特に同じ式場で披露宴をやったりチャペルと別にホテルで披露宴をやるとどうしてもお金がかかってしまいますよね。近年増えてきているのが、挙式は親族のみでチャペルで行い披露宴は飲食店や安く大勢が入る部屋を借りてゆるく行うことです。食事代もホテルや結婚式場とは比べ物にならないくらい安いですし、ドレスコード関係なしに楽しくお酒を飲めます。

披露宴はなし!浮いたお金で・・

披露宴を別に行うカップルが増えているのと同時に披露宴をやらないカップルも増えています。親族だけで結婚式を行いそのあとは軽い食事だけの場合や二人だけで写真を撮るだけなど多種多様なものになってきています。結婚式だってお金はかかりますから、できるだけ安く済ませたいと思う方のほうが多いのではないでしょうか。その浮いたお金で豪華な新婚旅行にグレードアップしたり貯金したりとこれまた多種多様です。お金も思い出も一生大事にするものなので二人が納得することがいちばんですよね。

ゲストを呼ぶのであれば結婚式を節約するポイントを見つけましょう。見積もりの仕方を知っておくとかなり楽です。