太陽の下でカラフルポップに!!屋外での少人数の結婚式!

屋外ゆえの気軽さを出して

少人数のガーデンウエディングにするのなら太陽の下になるので会場の花色はうんと明るくしましょう。咲き姿も会場のお庭の景色に負けないくらいの大ぶりのものを選ぶと効果的ですよ。少人数の結婚式だからこそできる贅沢な花使いで会場をカラフルポップに彩るといいでしょう。ブーケはひとつについて花一種ずつという具合に茎を束ねただけの簡単なものでもペーパーバスケットを一列に並べて赤、ピンク、オレンジと色帯をつくっていけばテーブルも華やかになりますよ。そのままお土産にもできますし、その気軽さが屋外での結婚式にちょうど合うでしょう。

テーブルライナーを敷いてよりポップに

ブーケをつめるペーパーバスケットは少数のゲストとともに一緒に手作りしてもいいでしょう。その手作り感こそが屋外パーティの意図でもあり、仲間同士でわいわい楽しい時間を過ごした後は片手でひょいっとバスケットを運んでもらいましょう。また、部屋のなかでは派手すぎるかなという色あわせも屋外では意外と映えます。テーブルライナーを敷いて花の帯をより際立たせる演出もいいですよ。幅50cmほどのアクセントカラーになるような布帯でポップに仕上げましょう。

ナプキンに添える花はゲスト毎に種類をかえて

バスケットを作った紙のあまりでナプキンをひと巻きして輪花をはさめば目の引くアクセントとなるでしょう。人数が多いと難しいですが、少人数の結婚式なら花の種類はゲストの個性に合わせて種類をかえてみてもいいでしょう。また、冷たい印象のガーデンファニチャーにもひと手間加えて、座席案内のごとく花を添えるといいですよ。ゲストはこれを取り出して着席するので式の最初から花の演出を感じてもらえるでしょう。細やかな演出が喜んでもらえますよ。

「お父さんお母さん、ありがとう」貴方の大切な気持ちを伝えるなら少人数での結婚式がお薦めです。今まで成長を見守ってくれたご両親や親戚の方々に、貴方の「幸せになります」という思いをゆっくり伝えましょう。